名著「デイトレード」の名言をまとめました。

デイトレード
☆名著「デイトレード」の名言をまとめました。

オリバー・ベレスとグレップ・カプラの名著「デイトレード」の名言をまとめました。

本の紹介・・・「デイトレード」
本_デイトレード

最強のトレーダー養成機関「プリスティーン」が、勝者のセオリーを初公開! デイトレーダーとして成功するための心構えを凝縮した一冊です。
特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買できるようになります。…

https://www.amazon.co.jp/dp/4822242978/

これからまとめる名言は、デイトレーダー(@DayTrader_bot)さんのアカウントのツイートより抜粋しています。


名言 読み上げ 1~182

【デイトレード】名言182 1.5倍速
【デイトレード】名言182 2倍速

名言 1~8

トレーダーは株式ではなく、人を取引する。(1つ1つのトレードには必ず相手がいる!)

トレーディングではまず生き残る事を学ばない限り、勝つ事を望むことなどできない。小さく負けることでそれが可能となる。

我々はあらかじめ損切りの水準を決めずにポジションを取ることはない。

マーケットにおける全ての行動に責任を持って欲しい。誰も自分に強制することはできないのだと言うことを理解して欲しい。最終的な判断は全て自分だけのものであると言うことを心に刻み込んで欲しい。

トレーダーは誰かと失敗を誰かと共有したり、誰かのせいにしたりすることはできない。

教訓1.転んでも起き上がる過程で学ぶことができれば問題ない。
教訓2.他人がどのように感じているか(苦痛か強欲か)を常に認識しなければならない。
教訓3.今日、いかに状況が悪くとも、明日になれば改善する機会がある。
教訓4.買いにせよ売りにせよ、恐怖や欲望などの感情に流されて行動してはならない。
教訓5.物事をあまり真剣に考えすぎてはならない。
教訓6.勝ち目のある戦いだけを狙え。
教訓7.人生は支配するものではなく、仲良くするものである。
教訓8.損失は必ずしも貧しさをもたらすものではない。

【トレーディングにおける7つの大罪】
●1.すぐに損切りができない
●2.利益を勘定すること
●3.時間軸を変更すること
●4.確実性。より多くを知ろうとすること
●5.勝ちにおぼれる。自己満足
●6.間違った勝ち方
●7.失敗(損切り等)の正当化

【誓い】自分の取引に全責任を負うことを誓います。
【誓い】利益を考える前に、必ずリスクを考えることを誓います。
【誓い】損失を被った取引から得た教訓を必ず書き記しておくことを誓います。
【誓い】自分のトレーダーとしての最大の欠点について、常に注意を払うことを誓います。


名言 9~16

マーケットには次の3つの現象しか生じない。1.上昇。 2.下落。 3.横ばい

ある時間軸を持って取引を開始したならば。その時間軸の範囲内で売却するよう計画することである。

まず取り組むべきは、真似るべき「勝者」を見つけることである。

自分が選んだ指導者が真の勝者であるならば、払うべきコストが高すぎると言うことはない。目標は指導者を超えることである。

テクニカル分析におけるチャートパターンはあくまで指針であり、それ以上でもそれ以下でもない。

チャートは嘘をつかない!

遅かれ早かれ労せずして得た利益をマーケットは取り戻しにかかる。間違った稼ぎ方をするとそれが癖になり無責任な行動をするようになる。間違った方法で利益を上げた場合には、そうして得た利益以上の金額を失うまで間違ったアプローチを続ける。

トレーダーはまず内面から成長する。


名言 17~24

ストップロスに達するか目標株価に達するか、いずれかの場合のみ売却する。このルールをしっかりと守ることによってとレーダーは自らの命運を欲や恐怖ではなく、自らの戦略に託すことができる。

トレーダーにとって最も価値のあるツールは、損失を記録した日誌である。損失の傾向や頻繁に生じる損失が見つけやすくなる。

恐怖は知的な行動の妨げとなる。

心理的な弊害の中で最大のものは引き金を引くことに対する恐怖である。

恐れは排除されるべきものではない。適切に位置づければ敵ではなく友となる。

トレーディングの戦略やテクニックは、その背景にある精神の準備ができていなければ、全くといっていいほど意味が無い。

プロのトレーダーは1つの買いに対して必ず2つの売り水準(利食い、損切り)を設定しなければならない 。

戦場は戦術に疑問を持つ場所ではない。


名言 25~32

含み損を抱えたポジションを持ち続ける癖のあるトレーダーにとって、希望は大敵である。この場合希望はまさに行動が必要なときに行動を起こさないように仕向けるものである。

希望を持つこと(Hoping)と保有を継続すること(Holding)という2つの邪悪なH

連敗していた結果、再び負けることを恐れるるあまり、躊躇し、再考し、様子を見てしまった結果、大幅な株価上昇を逃す。元凶は確実性に対する欲求、あるいはより多くを知ろうとする欲求なのである。

初心者のトレーダーが陥る問題
●1.忍耐力の欠如
●2.時には何もしないことが最良の行動であると認識できない

たいていの人々は大半をほとんど価値がなく、取るに足らない物事にとらわれて過ごしている。

考えすぎることは良くないこと!

情報は少ないほど良い!

重要なのは現実の認識である。


名言 33~40

マーケットを動かすものは、現実に対する認識であり、事実に対する認識である。

トレーディングで勝つためには目の前で起きている事象を完全に把握する能力が必要である。マーケット全体が「どうなるか」よりも、個別の取引のほうが格段に重要であると言うのが我々の考え方である。

なぜ損切りできないか?損切り水準で売ることは、自分が間違えていたことを認めることになるから。

上昇する力を見せている銘柄に集中するほうが賢いトレードである。

自分の失敗から学ぶことができなければ、それこそが悪となるのである。

精神的に平穏でないならば、健全なトレーディング判断を行うことはできない。

我々は他のマーケット参加者が株価をどう『感じるか』に賭けるのである。

人生で成功するには、どれだけ勝つかではなく。負けをどれだけコントロールするかにかかっている。


名言 41~48

確実は幻想である。

何か様子がおかしいときには小休止すべきである。傍観することが行動するよりも数倍優れていることがある。

小さいが安定的な利益を得ることを極めなければならない。それが正しくできれば、そのアプローチは時に大きな利益をもたらしてくれる。

当初の資金が枯渇してしまえば、全てが終了、破滅なのである。何よりも資金を守ることが重要なのである。

トレーディングでの成功は数字を積み上げていくことである。

株価の上昇を招く力は、この世に一つだけ存在しており、それは単純に売りを上回る買いが存在するということ。

全ての事実が明らかにならないと行動できないトレーダーが成功することはない。

予想が形成されている時期に買い、事実を見て買うものに売りつけるというのが真に熟練したトレーダーの行動原理である。


名言 49~56

熟練したトレーダーは、平均以上のパフォーマンスは大きな利益を上げたからではなく、損失を抑えたからであることを理解している。

熟練したトレーダーは自分が何をしたいかを承知しており、自らの健全なアプローチがゴーサインを出したと言うことに自信を持って行動に出る。これが自立しているということだ。幸せを感じる為の鍵となるばかりではなく、利益を上げるための鍵でもある。

熟練したトレーダーは一回で10,000ドルを狙うのではなく、1,000ドルを10回狙うだろう。

生涯あるいは株式市場において、確実を得ることはありえないことを認識すべきである。

休む事がよりよい選択肢であり得る事を早い時期に学ぶことができないトレーダー予備軍がトレーディングを極める域に達するのは難しい。

彼らは時には何もしないことがベストな選択であることを分かっていない。

損失を尊重することを学んで欲しい。不思議なことだが、それによって道は拓ける。

金融市場は大多数に利益をもたらすようにはできていない。


名言 57~64

プロの指標は一つしか存在せず、それは小額の損失である。

プロの負け方を学ばねばならない。プロの損失は常に小額であるということ忘れてはならない。

損失を小さなものにとどめる技術を学べ。

損失を被った場合、必ずその中からダイヤモンドを見つけ出すことを決意して欲しい。

適切な水準に設定された損切りによって損失を被ったとしてもそれは負けではない。

正しく負ける方法を学びさえすれば、夢が現実となる。

成功するトレーダーは現実、事実に基づいて行動する。

予想株価を割り込んだら、なぜ株価が下落したかを知ることよりもまず売却し、その後で理由を考える。


名言 65~72

あなたのトレーディング技術や手法は12歳の賢明な子供にも理解できるか?

トレーディングで成功している者は、苦しみながらあくなき努力を重ねて自ら成功を創造するのである。

トレーダーとして抱える問題の大半はポジションを取るタイミングの悪さに起因する。

逆に、アプローチに問題があっても勝つことはある。

もう負けることはできないと覚悟を決めたトレーダーはストップロスを無視する。そして負ける。。。

下落している銘柄が上昇に転じる可能性はあるが、熟練したトレーダーは株価が上昇するのを待ってから全精力を傾けてポジションを取る。

賢く取引すれば生き残り、ギャンブルをすれば死ぬ。

能力のあるものだけが生き残ることができる。


名言 73~80

トレーダーの成否はいかに損失を排除するかではなく、いかに損失をコントロールするかにかかっている。

最高のトレーダーは、安定的に機能する2つか3つの手法に気づき。そしてそれを繰り返し使用する。

知識は力であるが、それは正しい知識の場合である。

「我々は逆境を通じて賢くなる。あまりに早く繁栄を経験すると何が正しいか分からなくなる」

【間違った】銘柄でも、正しいタイミングで買えば、利益を上げることができる。

損切ったトレーダーは正しいポジションを取れる次なるチャンスを獲得している。

正しい行動が正しいと感じられるようになり、間違った行動には苦痛と不快感が感じられるようになれば、自らが人間から超人間への極めて重要な変革を遂げたことが分かる。

マーケットについて健全で友好的な認識を持つことにより、我々のトレーディングがどれほど助けられたことだろうか。正しい認識を持つことができれば勝つことができる。


名言 81~88

マーケットでトレーディングをすることで生計を立てようとするものの8割以上は6ヶ月以内に失敗する。その多くが知識が欠如していると言う単純な事実によって失敗している。

常に反対の発想を持つ事によって彼らと一線を画すことができる。

時間軸の変更は損切りを正当化することに他ならない。

トレーダーが自分の心理的な性質に合わない取引スタイルに無理やり自分を合わせようとするならば、結果は散々たるものとなるだろう。

成功するトレーディングとは、「商品(株式)を安過ぎる値段で売りに出しているものから買い、それを高すぎる値段であると自分で知っている時に誰かに売りつける」ことである。

デイトレーディングにおいてホームランを狙うことは自暴自棄の行動である。

『そのニュースはどういう意味だろう?』とは決して聞かない。『このニュースに対する人々の反応はどのようなものだろうか?』と聞く。それが利益の差となる。

トレーダーとして成長するには心底トレーディングを辞めたくなる日を耐え忍んで明日を迎える経験が不可欠である。勝つためには継続しなければならない。


名言 89~96

何が勝利につながるかに目を向けずに勝利を求めるものは泥棒のようなものだ。労働せずに収穫だけを得ようとしているのである。木を植えずに果実だけを得ようとしているのである。

間違った行動により得た利益は、利益でもなんでもない。

トレーダーが損失を被った場合、それが間違った戦略なのか、あるいは戦略を間違って適用したことによるものなのかを区別しなければならない。

「希望」は初心者に特有の精神状態であり、彼らには知識と簡潔なトレーディング戦略が欠けているのである。

アイディアやトレーディングの考え方にはそれなりの意味あるが、最終的には結果が全てである。

取引に勝つたびに取引の内容を吟味する。

勝つためには「才能ある敗者」としての経験を経なければならない。

勝者の証はいかに勝つかということではなく、いかにうまく負けるかということである。


名言 97~104

最悪の時期を避けることは、最高の時期をものにすることに比べてより利益に貢献する。

損失をコントロールするというプロの負け方が重要な鍵となる。

知識と思考を身につけた者にとって、無知や思考力のないものは、かれる事のない富の源泉となる。

迷った時にはポジションを手仕舞う。

全く恐れを抱かない初心者よりも、過剰に恐れるものの方がマーケットには向いている。後者にはチャンスがあるが、前者は破滅を待つのみである。

すでに目的地が決まっている列車に飛び乗るほうが、どこへいくか分からない列車に乗って最終的には目的地へ行くことを望むよりもはるかに賢い行動である。

彼らは物事を必要以上に複雑にしない。彼らは常に「行動」し、その結果がどうなるかを見ると言うスタンスである。

己こそが最大の敵なのである。克服すべき心の奥に潜む悪魔は、全て我々の内面に存在している。自分自身(心の奥に潜む悪魔)を征服したトレーダーはその他のものも征服している。トレーディングを極めることは自分自身を極めることの副産物なのである。


名言 105~112

分析の時間軸が長くなるほど、その正確性は劇的に低下する。

言い訳をしないトレーダーは結果的に損失よりも利益を得ることになる。

危険に対する備えの一つとして、状況が良すぎる場合には逃げることである。

連勝の後には ●1.ポジションの量を半分にする ●2.取引の頻度を減らす

頻繁に犯す失敗を完全に根絶する!!

熟練したトレーダーは常に希望の買い手ではなく売り手になる。そのほうが利益が上がるからである。

より良いトレーダーになる為に、毎日どれだけの時間を割いているだろうか?

より多くの資源を求める以前に、手元にある資源を十分に活かしきっているだろうか?


名言 113~120

真実 - 買いが売りを上回る場合、株価(あるいはマーケット)は上昇するしかない。

センスは健全なテクニックを繰り返し繰り返し用いることによる副産物なのである。

その銘柄が職務を遂行しない兆候を見せた場合には、すかさずクビにすべきである。

トレーダーの時間軸が短ければ短いほど、マクロの、あるいはマーケット全体に関する分析の重要度は小さくなる。

実世界においては、いかに戦略が健全であり現実的なものであっても、全ての取引では勝てはしない。

負けたことによって機能していないものを捨て、機能してるものを強化することができた。

大工道具を手に入れたからと言って、名大工はなれないと言うことを肝に銘じて欲しい。

勝つたびに感じていた高揚感が徐々に薄れていったのである。そうこうするうちに、私のトレーディングは新しいレベル、より高いレベルに昇華していった。


名言 121~128

マーケットが「こうあるべき」と言う動きを見せなかった場合には、それを友人からのメッセージとして受け取って、ポジションを手仕舞うことである。

より多くの銘柄でポジションを取ろうとする者がいる。特にポジションを取る際の厳密な基準に満たない銘柄が多い日にはその傾向が強い。しかし、基準を満たす限られた銘柄に関して責任を持って行動しているかが問題なのである。

戦いの真っ只中にいるとき、取るべき選択肢は行動であり疑問ではない。

敗北は常に勝利の母なのである。

最悪を避け最高の利益を上げる事ができるのがスーパートレーダーなのである。

トレーダーの行動は分単位の株価の上下動ではなく熟考されたトレーディング計画に基づいたものでなければならない。

自分が自由にできる時間を浪費しているようでは、もっと時間が欲しいと言う資格はないと考えている。

「私が今日成功しているのは昨日致命的な失敗をしているからです」。つまるところ、負けた取引が取引手法、技術、そして勝つための戦略を身につける動機となった。


名言 129~136

●良い損失 → 失敗が見当たらない ●悪い損失 → 回避可能

明らかな事が一つある。繰り返し間違った行動を取れば最終的にトレーダーは破滅する。

結果は自分で作るものであり、結果は変えることができる。

最良の防御は最良の攻撃である。

過去を取引することはできない!

過去にとらわれすぎることは有害であると言っても良い。それはトレーディングと言う名のゲームでは心理的な要因が8割以上を占める為である。

損失の原因の中で1つのカテゴリーが他よりも多くなっていることに気づくはずである。

偉大さは全ての障害を乗り越えるまで辛抱する能力にかかっている。


名言 137~144

マーケットが『平均的な』人々に長期間にわたって報酬をもたらすことはめったにない。

マーケットに対して敬意を払えば、最終的にはマーケットが敬意を払ってくれる。

我々トレーダーという職種の人間にとって重要なのは、今現在である。

勝っているからといって前向きな態度を取るのではない。前向きな態度を取るからこそ彼は勝つのである。

株価は事実ではなく『確信』によって動く。

「主よ、自らの手で変えることができるものを変える力を与え給え。自らの手で変えることができない時にはそれを受け入れる平静さを与え給え。そして、その違いを見極める知恵を与え給え」

困難な問題に直面しても、我々が革新的な変化を成し遂げられるのなら困難は素晴らしいものになり得る。

他人が自分のレベルに達し、あるいは自分を超えていく手助けをすることによって、自らのトレーダーとしての成長が早まるのを確認して欲しい。


名言 145~152

我々は火に触ってはいけない事を知っている。幼い頃に一度は火傷をしているからである。

損失の真っ最中に、トレーダーとしての進歩や成長が生じていると認めることはさらに難しいことである。

トレーダーが純粋にトレーディングを愛する時、損失はなんら障害とはならない。困難は、より容易に克服される。調整や危機の時期は絶好のチャンスであり、更なる高みを目指すきっかけとなるものである。

トレーディング技能を他人に移植することはできない。魔法の一振りで意識付け、精神的な姿勢、勝者の規律と行動のあり方などを伝授することはできない。自ら勝つ権利を獲得するしかない。

現在もてるものを完全に消化する前により多くを求めるのは強欲と言うものであろう。

トレーダーが安心感を覚え、自己満足に浸り、自惚れるようになった時にはマーケットの反転は近い。

上昇気流にあるものは誰でもヒーローになることができる。男の本当の価値は、何一つうまくいかないときにそれでも前に進む根性があるかどうかだ。

マーケットに関して言えば心理的に実行が容易な行為は、ほとんどの場合不適切な行動である。


名言 153~160

連勝している間に彼らが慣れすぎたマーケット環境が変化している可能性がある。

連勝するとガードが甘くなると言うことは全てのトレーダーが経験することである。長期にわたって連勝すれば、ちょっと休んで勝利の甘い香りに浸るべきである。

勝者になる権利を得る為には、その対価を払わなければならない。

まず、自己に精通している必要がある。

主体的に生きる。

売れないもの(物、犬)を早急に処分し、売れ筋(勝者人形)を仕入れるという、単純ではあるが強力な発想によって彼は億万長者になった。

あまり健全でない取引でも、ポジションを取る水準とタイミングさえ良ければ勝てることもある。

トレーディング手法にはなんら問題がなくても結果は損失ということもあり得る。


名言 161~168

空に雲ひとつないときには、取るべき行動は雨宿りできる場所を求めて走ることだ。嵐の前の静けさだから。

全ての取引は失望をもたらす可能性があり、失敗する可能性がある。

より多くを知ろうとせずに知的に行動できるもののところにお金は集まる。ポジションを取る前により多くを知ろうとするものは、常に出足が遅く負けるべくして負けるのである。

お金を勘定する癖は、大きな利益の可能性を奪い去るだけではなく、利益を失うことに対する恐怖を助長し、また感情のバランスを失わせ、破滅的な行動を招くことになる。

確信を得る前に行動することを学ばなければならない。確信を得る頃には利益を得るチャンスは消えてなくなっているから。

『自分がどこから来たのか分からなければ、これからどこへいくのかも分からない』

『どのようにしたら人生をよりよくできるだろうか?それも今すぐ』と問う。

成功の確率が最も高いものがどこにあるかを認識できないトレーダーは極めて短命に終わる。


名言 169~176

何をすべきか知ることは、それができることの保障とはならない。

株価が【何】をしているかは【なぜ】そうなっているかよりもよほど重要である。

【何】ではなく、【なぜ】を追い求めている時には、極めて困難な状況に陥りつつある。

【なぜ】を問いかけるべきは、取引を開始する前、あるいは取引が終了した後である。

「人生で勝ち上がるためには身構えていては駄目で、攻撃され、打ちのめされなければならない」

失敗による志望を忘れる一方で、その教訓だけを活用する能力を身に付けなければならない。

いつ感情の変化が生じるのかを知る技術→極めて簡潔にいえばそれがトレーディングなのである

自分が何をすべきかでなくどこにいるかに集中しすぎると、知性と合理性を欠いた速断や反射的な行動に陥りがちである。


名言 177~182 .

トレーダーが自らの決意にしたがって行動すれば、株価は上がらないかもしれないが、彼らの株は上がるのである。これらは将来大きな配当を生むプレゼントである。

戦利品に集中しすぎる事は、戦争に対する関心を散漫にする。そして戦争に対する関心を失った兵士は往々にして戦利品ばかりか自らの命を失うのである。

行動しているときの質は、それに伴って行動していないときの質によっていることが多い。

テクニカル分析を用いるものとして、株価が上昇しており、自分がそれに乗っていれば良いのである。つまるところ利益が出ればよいのである。

考えをまとめたり、1日の行動を振り返ったり、取引の分析をしたり、明日の準備をしたり、そしてトレーディング日誌を付けたりしているだろうか?明日の為に使う時間が60秒以下であれば、頻繁に犯す失敗で資金は食いつぶされていく。

どういう仕組みだか分からないが、誰かに教えるたびに自分の中に更なる知恵を受け入れるスペースができるのである。


タイトルとURLをコピーしました